ドクター

腰部脊柱管狭窄症は早期に治療を受けることで軽い治療で完治できます

分子標的薬

ドクター

肺がんの治療で新たに使用され始まっているのが、様々な分子標的薬です。分子標的薬は薬価が一般的に高いという特徴があります。ですが、がんを効率良く治療することが出来ることから現在肺がん治療では人気が高まっている薬なのです。

詳細を確認する

転移するがん

聴診器

現在も治療が困難ながんであるすい臓がんは、高度経済成長による様々な習慣の変化と共に日本での罹患率が増加しました。早期発見が困難なため、周辺臓器は勿論、多くの臓器への転移が起こり易いので再発予防には他器官を考慮した治療方針が必要です。

詳細を確認する

腰痛やしびれを感じたら

待合室

腰痛やしびれが原因で歩きにくさを感じたら、もしかするとそれは腰部脊柱管狭窄症かもしれません。腰部脊柱管狭窄症とは、初めは軽い腰痛、そして足のしびれから始まるものですが、腰の歪みが進むに連れ歩くのも困難になってしまう病気です。痛みはしばらく休めば治まりますが、再び歩き始めると数十メートル進むのがやっとな状態になることもあります。さらに症状が悪化していくと、排尿障害にも繋がるといわれています。この状態は間欠性跛行といわれる症状で、神経や血管が通っている背骨の一部の脊柱管が狭くなってしまうことで起こります。腰に負担のかかる動作、または座りっぱなしなどで長時間同じ姿勢でいると症状が進行するといわれていますので、思い当たる節がある場合は、一度専門の医師の診療を受けることをおすすめします。腰部脊柱管狭窄症は自然に治る病気ではありません。急激に悪化するものではありませんが、少しずつ進行していくものなので、早めに病院へ行きましょう。腰部脊柱管狭窄症の治療は、初期段階であれば薬物療法や、理学療法などの保存的治療を行なうことができます。保存的療法を続けることで症状がよくなっていきますが、もしも効果が得られず、安静にしている時もしびれなどが起こる時は手術を行なう必要がでてきます。手術は狭くなった脊柱管を広げて神経への圧迫を緩和することで、原因のもとである脊柱管の狭さを治すことができます。それによって、腰部脊柱管狭窄症を治療することができます。

胃にできる病魔

看護師

胃がんの予防の取り組みとして大事なのが、胃に負担をかけない事なので、日ごろから注意して生活していきましょう。また、今後の胃がんはさらに完治しやすくなってきます。さまざまな部分で向上していますので、完治率に期待が持てます。

詳細を確認する