分子標的薬|腰部脊柱管狭窄症は早期に治療を受けることで軽い治療で完治できます
医師

腰部脊柱管狭窄症は早期に治療を受けることで軽い治療で完治できます

分子標的薬

ドクター

肺がんの治療では、昨今分子標的薬が広く使用されるようになっています。この分子標的薬はがんの細胞にのみ効き目を発揮する傾向があり、従来の抗がん剤に比べて正常な組織へのダメージをある程度抑えられるという特徴があるのです。現在分子標的薬は、肺がん治療で大きな選択肢の一つとなっており、使用出来る薬も年々増えています。 分子標的薬は、一般的に高額です。抗がん剤とほぼ同等の薬価であることが多く、治療する上では経済的な負担が伴います。分子標的薬は、一定期間集中して使うことで効果が得られるとされており、長期的な使用には余り向かないことがあるのです。従って、分子標的薬を使用した場合、一時的に高い医療費を負担することになります。

分子標的薬は、従来の抗がん剤に比べて副作用をある程度抑えられるという点が一つのメリットとされています。加えて分子標的薬の場合には、あらかじめ薬の効き目を予測することが可能なのです。そのため、いたずらに体にダメージを与えるということがなくなります。従来の抗がん剤では把握しきれなかった薬の効果を予め把握的出来る点に魅力を感じている方も多いのです。 また、分子標的薬はがんの進行を食い止める効果も期待されています。肺がんの場合には、進行が非常に遅いケースも多いことから分子標的薬のこのような効果は一つのメリットとして捉えられている訳です。手術が選択されることが多い肺がん治療において、分子標的薬は新たな選択肢を与えてくれています。