胃にできる病魔|腰部脊柱管狭窄症は早期に治療を受けることで軽い治療で完治できます
医師

腰部脊柱管狭窄症は早期に治療を受けることで軽い治療で完治できます

胃にできる病魔

看護師

胃がんは、日本人に比較的多い癌になっています。つまり、それだけ注意が必要であり、予防に対する取り組みが重要であると言えるでしょう。そこで予防の取り組みとして重要なのが、胃に負担をかけないという事です。 胃がんは胃に出来てしまう癌ですが、日ごろから負担がかかりすぎてしまいますと、それだけ発症してしまうリスクが高くなってきます。 例えば、塩分を控えたり、胃もたれになったらきちんと胃を休めたりなど、ストレスをためこまないようにしていきます。 ストレスも、時には胃に負担をかけてしまう可能性があります。また、塩分もリスクを高めますので、必要以上に摂取しないように食生活を改善する必要があります。 予防への取り組みを日ごろから行っていきましょう。

胃がんというのは、日本では今よりも完治しやすい病気になってくる可能性があります。 その理由についてお話していきます。まず、日本では昔から胃がんの患者数が多かった分、研究の方もかなり進んできましたので、治療技術がかなり向上しているのです。その結果、治療の成果が出やすくなっており、完治できたり、生存率も高くなっています。 もちろん、治療だけではなく検査においても技術力は上がっているでしょう。小さい癌細胞でも発見する事ができるようになっています。その結果、初期段階で見つけられて、早期に治療が行えるのです。これからもさらに向上する可能性があり、期待が持てます。